泉谷しげる・熊本県阿蘇ロックフェスティバルに相乗りで!行き編

0
2700

こんにちは!
nottecoスタッフの松井です。
阿蘇ロックフェスティバルは熊本県南阿蘇村にある熊本県野外劇場アスペクタで開催されました。
しかし、この会場は自然豊かな山の上にあるために、車でしかいくことができません。
そのため、フェス会場付近では渋滞が。。。

そこで選ばれたのがnottecoです!
みんなで相乗りしていくことで、車の台数を減らそう!フェスにみんなで楽しく向かおう!といったコンセプトで、今回提携させていただきました。

早速nottecoと阿蘇ロックフェスティバルを紹介したいと思います。

まずは行きのドライブ

今回は福岡県の中心部の近く、大濠公園の郵便局の前で待ち合わせしました。
ドライブをしていただいた方は、柳田さん夫婦。
よくフェスに行かれたり、アウトドア活動をされたりしているらしく、”フェス上級者”といった感じの素敵なご夫婦でした。
一緒に同乗していただく方は、大阪から阿蘇ロックフェスに参戦するためにこられた、すはさん。
ご友人と現地で集合される約束だったそうですが、すでにシャトルバスは完売になっており、そこでnottecoを発見されたそうです。

ドライバーと同乗者のご対面

ご対面の様子。はじめは知らない人に会うのはドキドキしますね、、、

記念に集合写真。
正一さんは朝から元気いっぱいで、初対面で緊張して硬くなりがちな雰囲気を一気に柔らかくしてくださいました。

いざ出発!

時間通りに集合して、ドライブに出発しました。
ドライブが始まると、「朝ごはん食べた?」と気にしてくださり、なんと、パンをいただいちゃいました!

ドライブ中には初めて福岡に来た同乗者の私たちに、車内から見える福岡の各所を紹介をしていただきました。空港が都心近くにあるのには特に驚きました、、、!!
ドライブミュージックはもちろん、阿蘇ロックフェスに出演予定のアーティストのもの。車内は音楽と過去のフェスなどの話題で盛り上がりました。
楽しい時間はすぐに過ぎ、あっという間に北熊本サービスエリアに到着。

ここのサービスエリアには阿蘇ロックフェスに向かうシャトルバスも止まっていて、すでにフェスの雰囲気が漂っていました。ここからまたドライブ再開して会場へと向かいます。

到着

そしてついに、熊本野外劇場アスペクタに到着。
無事会場まで送り届けていただき、相乗り料金を支払ってドライブは終了となります。

そした私は、運転をしてくださった柳田さん達にお礼とお別れを告げて会場へと向かいます。

阿蘇ロックフェス会場へ

駐車場からのプチ登山を楽しみながら、会場へと歩を進めます。
周囲は見渡す限りの大自然で、空気がとても美味しかったです。

会場のゲートに到着。
背後に写る阿蘇山を入れようとするとどうしても枝が『阿蘇』の文字にかぶってしまいました。。

まずは腹ごしらえ

会場では阿蘇×天草グルメEXPO2017が開催されており、美味しそうな匂いが広がっていました。

私は帰りもnottecoで帰らせていただくことが決まっていたので、大黒天小僧 本店さんでビールと馬肉丼、スペアリブを買わせていただきました。
”旅先でお酒が飲める”これはライドシェアの一つの魅力ですよね!
ドライバーの方に感謝しながら、美味しくいただきました。ごちそうさまです。
やはり大自然の中で食べるご飯・ビールはとても贅沢でした。。
※飲酒しての運転は大変危険ですのでおやめください。

メイン会場へ

会場に入った時には、すでに多くの方がシートやテントを広げられていて、フェスに来たぞ!という実感が湧き上がりました。

阿蘇の地域は雨がよく降るそうで、天気の心配をしていましたが、当日は見渡す限りの晴天で阿蘇の大自然をフルに感じることができました。

地元にゆかりのあるアーティストさんが参加されていて、フェスは大盛り上がりでした!
このフェスの発起人である泉谷しげるさん。めちゃめちゃかっこいいです!!

 

>>nottecoのスタッフは阿蘇ロックフェスに参加してきました!②へ続く