一般社団法人E-Patchとの連携を開始しました

0
556

いつもnottecoをご利用いただきありがとうございます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
2016年4月14日に発生した「平成28年熊本地震」でお亡くなりになられた方々とご遺族の皆さまに、心よりお悔やみ申し上げますと共に、被災された地域の皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。また、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

一般社団法人 子どものエンパワメントいわて(「E-Patch(イーパッチ)」)様と連携し、この度の「平成28年熊本地震(以下熊本地震)」への災害ボランティア活動に関する移動交通手段・費用のサポート支援を開始しました。

 

● ボランティアの費用負担を軽減し、復興支援への人員派遣をサポート

4月14日に発生した熊本地震に関して、熊本県では、熊本市社会福祉協議会をはじめ、県内・県外のNPO法人、一般社団法人との連携を深め、4月22日からボランティアの受け入れを開始することを発表し、各市町村でボランティアセンターが設置されています。

nottecoでは、一般社団法人である「E-Patch(イーパッチ)」と連携をし、E-Patchのボランティア活動に関する移動交通手段・費用をサポートします。これにより、ボランティア活動にあたり発生するボランティアの方々の移動交通手段や費用を軽減し、また、被災地での渋滞、駐車場不足などの問題を緩和するべく、被災地でのライドシェアの活用を推進してまいります。

【支援内容】

d3955-147-303849-4

● ライドシェアの展開により、被災地での渋滞緩和・駐車場不足緩和に活用
nottecoでは、被災者の方・被災地にボランティア支援に行く方を支援するべく、熊本地震災害支援ページを開設しています。2016年5月8日(日)までの期間に、熊本地震に対するボランティア活動でnottecoを利用される方に、その移動にかかる費用(高速道路代、ガソリン代)※を補助しています。また、熊本地震災害支援ページでは、被災地(熊本・大分)へ向かうドライブ情報、被災地から移動される方へ向けたドライブ情報の他、被災地の市区町村の社会福祉協議会のホームページなどで公開されている最新の情報や、駐車場の提供状況などボランティアの方が被災地に行った際役立つ情報を、随時掲載しています。
※被災地までに移動と、被災地から地域外への移動に限る。また、同乗者が1人以上成立したドライブに限る。補助金はドライブ時に設定した金額に、成立した同乗者の人数をかけた金額とする。

d3955-147-674226-5d3955-147-529381-6

● ライドシェアのみならず、様々なシェアリングサービスが被災地支援
シェアリングエコノミー協会の発表によると、Airbnbによる無料宿泊先提供、駐車場シェアの軒先パーキングでの被災地の駐車場解消不足への取り組みなど様々なシェアリングサービスでの被災地支援が始まっています。
ガイアックスでは、地域体験マッチングサイト「TABICA」において、4月29日10時に、熊本地震での災害ボランティアの参加募集を開始します(https://tabica.jp/)。熊本県益城郡美里町の特定非営利活動法人 美里自然学校とフットパス研究所にてボランティアの受入体制が整い、美里町近郊の高齢者世帯、災害弱者の支援ボランティアや配送、農家・畑の再生ボランティア活動などを順次、現場の要望を聞きながら支援してまいります。

nottecoでは、今後このような様々なシェアリングエコノミー事業とも連携をしながら被災地でのライドシェアの活用を推進することで、長期的・継続的な災害支援に対するボランティア活動を支援してまいります。

■ 関連URL
notteco 熊本地震災害支援ページ https://cp.notteco.jp/disaster-kumamoto


相乗り相手が見つかる国内最大ライドシェアサービス
https://notteco.jp/
notteco運営事務局(info@notteco.jp)